Zon@ Japon 放送雑記



<   2005年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧


懐メロ特集 -松田聖子 Seiko Matsuda-

Cada última semana de mes, hacemos un monográfico sobre un artista japonés que ha tenido o tiene mucho éxito en Japón.

Hoy hemos elegido a Seiko Matsuda.

毎月最終週は、30分間フルで「懐かしのアーティスト特集」を行っています。

6月30日は、永遠のアイドル「松田聖子」!


今年4月1日に歌手活動25周年を迎えた松田聖子は、1980年代を代表するスーパーアイドル・スターです。

いわゆる『アーティスト』となった現在も、アイドル期以来の根強い人気を持ち、固定ファンの層が厚く、毎年、日本武道館、大阪城ホールなどをメイン会場に、全国的コンサートを行っています。

歌の巧みさやスターのオーラなどから、年齢や結婚などに関係なく、アイドル出身の歌手としては異例の高い人気を保ち続けていることから、日本では「永遠のアイドル」とも呼ばれています。

一時はスキャンダルの噂に包まれたこともありますが、汚れたイメージが無く、ある意味で、昨今、もっともスターらしい芸能人であり、芸能界にも松田聖子のファンは多いということです。

又、松田聖子のディナーショーは業界でも有名で、芸能人のディナーショーとしては、一番値段が高いんだそう。最高で22万円ですって。この価格も聖子ちゃんの人気の強さを示しています。


松田聖子は、1962年3月10日、福岡県久留米市生まれ。
43歳になった現在でも、身長 159cm/体重 40kgのデビュー当時の体型をばっちりキープしています。

芸能界デビューには猛反対だった父親を、約1年半かけて説得し、1980年4月に「裸足の季節」で歌手デビュー。アイドルとして、その年の新人賞を総なめしました。

また、「聖子ちゃんカット」と呼ばれる独特のヘアスタイルが全国を風靡したのも懐かしい思い出ですね。当時愛媛県の中学生だった私も、毎朝ドライヤーで髪の毛を流して から学校に行っていました。

1980年のサード・シングル「風は秋色」から1988年「旅立ちはフリージア」まで24曲、オリコン連続1位に輝くという、女性歌手としてのトップの記録を、現在でも維持しています。


押しも推されぬスーパースター・聖子ちゃんの私生活は、やはり一筋縄ではいかないものでした。

1985年、交際を公にしていた歌手・郷ひろみと破局。
結局、映画「カリブ・愛のシンフォニー」で共演した神田正輝と85年に結婚し、翌86年に、長女の沙也加ちゃんを出産しました。

90年に全米デビューしたことをきっかけに、それまでの事務所から独立。
スキャンダルの嵐と、執拗なバッシングの的にされ、聖子潰しのシナリオがあるのではないかと言われたほどでした。が、しかし、聖子人気は下がらず、むしろ高まり、唯一「スキャンダルに強い芸能人」と見られています。

1997年、神田正輝と離婚。
このニュースは、芸能を越えて各局とも一般ニュース枠でも報じ、街では号外まで配られました。 1年後には、6歳年下の歯科医と交際2か月で結婚しますが、2000年12月には離婚。

神田正輝との一人娘、沙也加ちゃんは、2002年に歌手デビューし、今では親子そろってコマーシャルに出演するなど、芸能親子となっています。

オンエア・ナンバー
青い珊瑚礁
赤いスウィートピー
夏の扉
白いパラソル
秘密の花園
ロックン・ルージュ
[PR]
by zonajapon | 2005-06-30 01:46 | 懐メロ特集/Monográfico

公美の放送雑記 -5-

ここ10日ほど、どーもADSLの調子が悪く、なかなかUPできなかった。

ところで、昨日のスカパラのライブ、凄かったゼィ!!!
詳しくは、なるべく早くこのブログでも紹介していきまーす!

さて、今日の放送は「聖子ちゃん特集」よー!
選曲に困った、困った。
だって、かけたい曲がいっぱいあるんだもーん。
でもがんばって6,7曲…しかかからないんだよねー。

しかし、音楽の『魔力』ってスゴイ!のを再確認。

何年、何十年経ってもその曲を聴いていた当時に、一瞬にしてフラッシュバックさせてしまう。
大好きで憧れてた鴨中バスケ部キャプテンの『I先輩』や、松商野球部の双子の『T先輩兄弟』を
まざまざと思い出してしまった。

あと、思春期に覚えた歌詞は、20年以上経った今でも、完璧に覚えている!!
脳が柔らかい時の記憶って、ホント素晴らしい!のねぇ。我ながら感心!

仕事しながら選曲してると、つい口ずさんでしまい…いや、しまいにゃ本気で歌ってしまい、手が全く動いてないという状態。

このあと、20:30からの生放送、おったのしみにー!
[PR]
by zonajapon | 2005-06-30 00:50 | 公美の放送雑記/Nota

30 de Junio de 05 のオンエア曲

<懐かしのアーティスト特集 / 松田聖子

青い珊瑚礁
赤いスウィートピー
夏の扉
白いパラソル
秘密の花園
ロックン・ルージュ

<Monográfico de Seiko Matsuda

Aoi sangosho
Akai sweet pea
Natsu no tobira
Shiroi parasol
Himitsu no hanazono
Rock’n rouge
[PR]
by zonajapon | 2005-06-30 00:00 | オンエア曲/Canciones

23 de Junio de 05 のオンエア曲

バーニング・スケール / 東京スカパラダイスオーケストラ
マライの虎 /東京スカパラダイスオーケストラ
ア・ピース・オブ・ピース /東京スカパラダイスオーケストラ
グー・ガン・ガン /東京スカパラダイスオーケストラ

Burning scale / Tokyo Ska Paradise Orchestra
Marai no tora / Tokyo Ska Paradise Orchestra
A piece of piece / Tokyo Ska Paradise Orchestra
Goo-Gung-Gung / Tokyo Ska Paradise Orchestra
[PR]
by zonajapon | 2005-06-23 00:00 | オンエア曲/Canciones

公美のスペインときど記 -4-

==謎の騎馬像、現わるる!==

マドリッドのレイナ・ソフィア美術館前に、突如、騎馬像が出現した。

d0038733_23562479.jpg


ご覧のように騎馬像は、スペイン最大にして唯一のデパート『エル・コルテ・イングレス』の包装紙で
びっちり覆われている。

エル・コルテの新広告塔??

いや、そうじゃないらしい。

デパートも、美術館も、市役所も、誰もこの像について何も知らないと言うのだ。
いつ、誰が、どうやってここに設置したかも、分からない。

高さ1.5メートル、素材は、ダンボールと紙というこの像、この間の日曜日(19日、時間は不明)に
忽然とプラサ・デ・サンタ・イサベルに現れた。

レイナ・ソフィア美術館は、ちょうどアトーチャ駅の目の前。
「すわっ、Bomba(爆弾)か!」と、市民の通報で警察が現場に向かい調べた結果、
危険物でないことが判明したが、最終的には清掃業者にゴミ捨て場に移送するよう命じてしまった。
(なんでだ!置いときゃいいじゃん!)

近所に住む私は、ニュースを聞いて駆けつけたが、もう撤去された後だった。ちぇ。
だから、写真は Javier Prieto(ABC紙) が撮ったものを掲載させてもらう。

帽子の感じが、なんだか軍人っぽい。
つい半年ほど前、マドリッドにあったフランコ将軍のブロンズ像が、賛否両論の中ついに撤去されたが、
つい最近通りかかったところ、台座だけはまだ残されていた。
フランコの亡霊か??

冗談にしては、手が込んでいる。
作者の意図が知りたいなー。

包装紙の騎馬像のミステリー・・・。
[PR]
by zonajapon | 2005-06-22 18:51 | 公美のスペインときど記

公美のスペインときど記 -3-

==今年初の熱帯夜==

6月21日、午前1時。
眠れない。

暑い。
暑いのだ。

日中40度を超えたマドリッドの街に浸透した熱は、この時間になってもドヨ~ンと上空に停滞し、
いつもはそよ吹く涼風も、ピタリと止んだまま。

昨夜も寝苦しかったけど、今夜はもっとだ。
ニュースによると、今夜の最低気温は29度。
今年初の熱帯夜だそうだ。
部屋の温度計は、30度をさしている。

現在、マドリッド州、エストレマドゥーラ州、カスティージャ・イ・ラマンチャ州に警報が出ている。

- Alerta de Calor -

暑さ警報 ・・・??
直訳するとそうなるよね。
意訳すると… 高温警報とかになるのかな?

今年の夏の気温は、平年より1,2度高くなるらしい。

あんまりアテにならないスペインのTVニュースが、そう伝えていた。
[PR]
by zonajapon | 2005-06-21 07:30 | 公美のスペインときど記

公美のスペインときど記 -2-

==マグちゃんの魔法==

朝起きて、サロンの扉を開けると、匂いの波がドッと流れ出した。

すっごーーーい!!
一夜明けたら、大満開!
こんなにも早く咲き、そして高らかに芳香を漂わす花だったのね?!
蕾の50倍は、いやもっと香っているかな?部屋中に満ちたマグノリアの匂いに酔いそうなくらい。

そして、その圧倒的な存在感!
まるで女王様みたい。
凛としてて、気品のある、輝くような白い大輪…。

d0038733_4294366.jpg


しばし絶句。

そして、部屋の空気感まですっかり変えてしまう『マグちゃんの魔法』に、ウットリと脱帽。
[PR]
by zonajapon | 2005-06-17 20:28 | 公美のスペインときど記

公美のスペインときど記 -1-

==マグちゃん、プラちゃん==

6月16日、21:00過ぎ、番組が終わって外に出るとだいぶしのぎやすくなっていた。

1時間ちょっと前、表の温度計は36度だったのだヨ!
スペインの日差しって、この季節、ホントきっついもんナー。
日向にいるとジリジリなんてもんじゃなく、ジュージュー焼ける感じ。

そんな太陽が大きく傾くと、ストンと気温が下がる。
30度近いけど、なんせマドリッドは湿気ゼロだから、それでもけっこういい感じ。

なので、ぶらぶらと黄昏のパセオ・デル・プラドを散歩する。

バンコ・デ・エスパーニャの横断歩道を渡るやいなや、大きな樹に咲いた白い花を採っている(盗っている?)
若いゲイのカップルが目に飛び込んだ。
『彼』から小枝を受け取った『彼』は、嬉しそうに花の匂いを嗅いでいる。
なんだか、カワイイ2人。

えーっと…、なんつったっけ?
…そう、マグノリア!

辺りに漂うほのかな甘い香りはこれだったんだ。

日本では、タイサンボクの花と呼ばれるらしい。
http://www.ne.jp/asahi/osaka/100ju/taisanboku.htm
マドリッドでは今、満開。
シベーレス広場からプラド美術館の間まで、かなりたくさんのタイサンボクが植えられている。

あっ、また一組、花泥棒カップル発見!
今度は、老夫婦。
おじいちゃんが、大樹の下でピョンピョン跳ねている。
その横には、すでに2本の小枝を手にしたおばあちゃんがいる。
やっぱり、なんだか、カワイイ2人。

厳密に言うと犯罪なのかもしれないけれど、公共の樹木だし…。
でも、まぁ、いいのだ。スペインだしね。花泥棒は罪にならないのだ。

そういうことにして、えーい、私も貰っちゃえ~!
「ごめんねェ。マグちゃん」と謝りつつも、蕾を1つ頂いた。

ウ~ン!!いい匂い!

クンクン、ウットリしていると、バサバサッ!と大きな茶色の塊が目の前に降って来た。

なんだ、なんだっ!
一瞬ひるむも、よーく見ると、木の皮。
見上げると、天高くそびえる立派なプラタナスが…。

えーっ?!プラタナスの脱皮??

プラタナスは、マドリッド一(いち)ポピュラーな街路樹。市内の通りのいたる所に植えられている。
でも、思うにこのパセオ・デル・プラドのは、ひと際大きくて、元気で、癒し度100%だ。

ポカーンと上を見上げている間にも、バサッ、あっちでもバサッと降る、降る!
慣れ親しんだ樹が脱皮するなんて思ってもみなかった私は、大いにビックリして、
このプラ皮ちゃんたちも持って帰ることにした。

d0038733_472693.gif


こうして見ると、アートしてるよね、プラ皮ちゃんたち。
あー、ホントに自然はあるがままで、完璧に美しいのね。
存在そのものがアートなのね。

マグちゃんの蕾は、水切りして、ポーンとサロンに活けておいた。
[PR]
by zonajapon | 2005-06-16 23:04 | 公美のスペインときど記

公美の放送雑記 -4-

去年の SONAR には、いそいそバルセロナまで行ったっけなー。
11年ぶりのYMO再々結成とあって、是が非でも見たかったのサ。

お3人ともすっかりイベントも街も気に入ったようだったので、今年も来るか??!!
と、淡い期待を抱いたのは、私だけじゃないと思うけど…、
ウン、来なかったね、今年は。

まあ、いいさ。

その代わり、と言うのもなんだけど、今回は、そのむかーしの教授の秘蔵っ子テイ・トウワが、
バルセロナ版初参加!
なんでも去年の秋の SONAR Tokyo で競演したドイツ人DJ ATOM TMとすっかり息が合ってしまい、
今度は『本場』バルセロナに行って、2人で一発ぶちかまそうゼ!ってことになったらしい。

テイ・トウワ、好きなんだ。わりと。
そう言えば、ディー・ライトのライブを渋谷公会堂で見たっけ。
わざわざ、長崎から行ったんだよなー。
鼻息荒く、気合充分で上京したわりはつまんなくて、ガッカリしたんだけど…。

あれ、92年とかだったなー。
若かったなー、アタシ。

いや、結局、彼らの音楽はでっかい会場でのライブより、クラブで踊りながら聴いた方が魅力倍増!
ってことが分かってよかったんだけどサ。生で観られたことには満足してるんだけどサ。
くくくぅー。
当時やっぱり若かったトウワ君は、客席に向かってポラロイドのフラッシュ、バシバシ焚いてたな。
カメラからベロ~ンと出てくる写真を、次々と手裏剣のように投げておった。

などと、思い出が走馬灯のように一瞬にして駆け巡ったので、明日のライブ成功を祈り
今日はトウワ君の曲を1曲。

どうやら、バルセロナの後パリにも寄って、20日は『79』というクラブでお皿を回すようだヨ。

¡ Aprovecha, Tei !
¡ Aprovecha lo bien !
[PR]
by zonajapon | 2005-06-16 00:14 | 公美の放送雑記/Nota

16 de Junio de 05 のオンエア曲

あれはね / CHARA
瞳をとじて / 平井堅
Funkin’ For Jamaica / テイ・トウワ

Arehane / CHARA
Hitomi wo tojite / Ken Hirai
Funkin’ For Jamaica / Towa TEI
[PR]
by zonajapon | 2005-06-16 00:00 | オンエア曲/Canciones


ソナ・ハポン(Zona Japon)は、マドリッドのFM局 "ラジオ・シルクロ100.4FM" にて放送のジャパンカルチャー紹介番組です!      (09年で一旦終了)www.radiocirculo.es
お知らせ
● Yukki Yaura さんとのコラボ、松嶋翻訳のオールカラーe-book “HAIKU Poemas ilustrados”発売中!!

d0038733_20444015.gif
お問い合わせは、info@suekichibook.com まで。

● 07年-08年シーズン放送のPepi Valderrama嬢による「日本-スペイン文化比較」、Yukki Yaura女史による「環境をめぐる日本と日本人の事情」はPod Casting専用ブログhttp://zonajapon.cocolog-nifty.com/blog/でお聴きいただけます!

d0038733_20592454.gif
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
お役立ちパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧