Zon@ Japon 放送雑記



<   2005年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


ラジオ・シルクロ聴衆率調査結果 / El resultado del estudio de audiencia de RADIO CÍRCULO

2005年7月に行われたラジオ・シルクロの聴衆率調査の結果が、20日付けで公表されました。

リサーチ会社:Información Técnica y Científica S.L. (Infortécnica)
詳しい結果はwww.infortecnica.com で閲覧できます(スペイン語のみ)。

調査によると、ラジオ・シルクロは、マドリッド州の人口の約11%の人々に認識されており、普段から習慣的にラジオを聞く人の4人に1人が、ラジオ・シルクロを知っていると答えています。
そして、それらの約半数にあたる人々が、たびたびラジオ・シルクロにダイヤルを合わせているということです。
今回のリサーチでは、ラジオ・シルクロを日常的に聞いているオーディエンスが50,000人以上いるという大変喜ばしい結果が出ました。
興味深いのは、女性(8,7%)よりも男性(13,3%)に多く聞かれているということ。
年齢層は、30歳以上(10,8%)より30歳未満の若者(13,8%)の方が多く、50歳以上の聴衆率は減少しています。
が、それでも7,3%をキープしています。

d0038733_151513.jpg

Aquí tenemos un estudio de audiencia de Radio Círculo reciente.
Lo ha realizado la empresa Información Técnica y Científica S.L. (Infortécnica).
Se puede consultar los resultados detallados en www.infortecnica.com .

Según este estudio certificado, RADIO CÍRCULO "es conocida por casi un 11% de la población de Madrid,
es decir, por una de cada cuatro personas que escucha habitualmente la radio.
Lo que es más importante, "Casi la mitad de los que la conocen, la escucha de forma reiterada".
Y lo mejor de todo: "MÁS DE 50.000 radioyentes la siguen de forma habitual".
Curiosamente, escucha RADIO CÍRCULO más lo hombres que las mujeres (13,3% frente a 8,7%) y ligeramente más los jóvenes menores de 30 años (13,8%) que los mayores de 30 (10,8%).
El porcentaje disminuye entre los mayores de 50, pero aún así es un 7,3%.
[PR]
by zonajapon | 2005-07-30 02:22 | RADIO CÍRCULOとは?

公美のスペインときど記 -8-

==スッゴイね~!!今どきの日本のカラオケは==

さっき『カラオケ』のことを放送雑記にUPしたと思ったら、
例の『業務用カラオケ』を自宅装備しているTさんから、「遂に壊れてしまった。
新しいセットをスペインで購入したいのだが、どこで買ったらいいものか…」
と相談を受け、取りあえず私めもネットで調べてみることにした。

この国ではカラオケ自体があまりポピュラーでないせいか、
PCを使ったカラオケについての情報は結構引っかかってくるのだが、
いわゆる『カラオケ・セット』については、イマイチよく分からなかった。

ならば、と日本の事情を検索してみると、あるわ、あるわ。

中でも目を引いた、というより目が飛び出るくらいビックリしたのが、コレ。↓
shope.goo.ne.jp/se/sv/rt/prid/61000036_110166-01/txid/00194
マイク1本にカラオケのすべての機能を凝縮!」というタイプで、
なんと1000曲もマイクの中に内蔵されていて、それをTVに繋ぐだけで
家庭で本格的なカラオケが楽しめるというもの。

その上、やれエコーだ、テンポだ、音程だといろんな調整ができたり、
採点機能が付いてたり、さらにはAC電源で屋外や車の中でも歌えるらしいのだ。

Dios mio (なんてこった)!!

どでかいカラオケセットにレーザーディスクを差し込んで、なーんて時代は
とっくに終わっていたのだ!

世界の最先端を行くテクノロジー大国、ニッポン。
さすが!である。
でも感動と共に、軽いショックを覚えましたよ、私ゃ…。

こうやって、各社が『小さい』、『軽い』、『早い』、『安い』、『便利』を開発し
競って『快適』を消費者に提供(販売)する。

『テクノロジー』はもっぱら輸入に頼っているスロー大国のスペインから見ると、
こういった『痒いところに手が届く至れり尽くせり』が、時々怖く感じるのだった。
[PR]
by zonajapon | 2005-07-29 07:40 | 公美のスペインときど記

公美の放送雑記 -8-

7月28日、今期最後の番組!!は、「中森明菜特集」で締めくくりま~す。

先月の聖子ちゃんに次いで今回も、私にとっては思春期の甘酸っぱい思い出を
懐古せずにはおられない明菜ちゃん。

特に学生時代は『カラオケ』でお世話になったなぁ。
彼女の曲のキーは私の声域にピッタリで、とっても歌いやすいのだ。
スペインに来てから、カラオケする機会なんて滅多にないんだけど、
それでもなぜだか『業務用カラオケ』なーんて本格的な物を自宅に装備している人が
いたりして、たま~~~に熱唱させてもらってる。
楽曲的に好きなのは『難破船』なんだけど、これは素人が歌うにゃちょっと難しいんだナ。

まぁ、それはおいといて、今日の選曲の流れ~!
まだ『少女A』だった明菜ちゃんが『セカンド・ラブ』するも、「アイドルなんだから色恋沙汰はご法度よ」
と周囲の大人たちから『十戒』を言い渡される。
にも拘らず『ミ・アモーレ』と恋に落ちてしまうのだが、結局破局し『難破船』となってしまう。
でも、「前に進まなきゃ!」と人生に『デザイアー』を抱き、また歩き始める…。

っていうのは、後からひねり出したこじつけなんだけどさぁ(笑)、今回も紹介したい
ヒットナンバーが沢山あって選曲に悩んだ、悩んだ。
しかし改めて感じたのは、ホントに『百恵ちゃん』を意識した楽曲&歌唱法だったんだってこと。
(そういや、私のカラオケ18番の中にも『プレイバック・パート2』や『絶体絶命』が入ってるもんナ)

第2の山口百恵になりたかった明菜ちゃん。
今年40になるのに結婚したって話も聞かないし、仕事でも「完全復帰はまだ…」的なレッテルを貼られている。
あれからもう16年も経ってるんだから、『復帰』っていうのもねぇ…違うんじゃなかろうか???
あぁ、とにかくガンバっておくれ!明菜ちゃーん!

さてさて、Zona Japón は8月はお休みをいただきまーす。
日本じゃ考えられないけど、年間1ヶ月の有給休暇が義務付けられているスペインでは
7月~9月の3ヶ月間、放送業界もバカンス編成になるのです。

9月はこれまでの「懐かしのアーティスト特集」の総集編!
日本人のリスナーの皆々様に大好評だったこの特集を、5週にわたって再放送する予定です。

では、どうぞ楽し~~いバカンスを!!
来期10月からの生放送で、またお耳にかかりまーす!

あっ、ちなみに『公美のスペインどきど記』は、バカンス中も更新しますので、
時々覗きに来てネ。

[PR]
by zonajapon | 2005-07-28 23:30 | 公美の放送雑記/Nota

ラジオ・シルクロ聴衆率調査結果 / El resultado del estudio de audiencia de RADIO CÍRCULO

d0038733_8571670.gif7月に行われたラジオ・シルクロの聴衆率調査の結果が、20日付けで公表されました。

リサーチ会社:Información Técnica y Científica S.L. (Infortécnica)
詳しい結果はwww.infortecnica.com で閲覧できます(スペイン語のみ)。

調査によると、ラジオ・シルクロは、マドリッド州の人口の約11%の人々に認識されており、普段から習慣的に
ラジオを聞く人の4人に1人が、ラジオ・シルクロを知っていると答えています。
そして、それらの約半数にあたる人々が、たびたびラジオ・シルクロにダイヤルを合わせているということです。
今回のリサーチでは、ラジオ・シルクロを日常的に聞いているオーディエンスが50,000人以上いるという
大変喜ばしい結果が出ました。
興味深いのは、女性(8,7%)よりも男性(13,3%)に多く聞かれているということ。
年齢層は、30歳以上(10,8%)より30歳未満の若者(13,8%)の方が多く、50歳以上の聴衆率は減少しています。
が、それでも7,3%をキープしています。

d0038733_151513.jpg

Aquí tenemos un estudio de audiencia de Radio Círculo reciente.
Lo ha realizado la empresa Información Técnica y Científica S.L. (Infortécnica).
Se puede consultar los resultados detallados en www.infortecnica.com .

Según este estudio certificado, RADIO CÍRCULO "es conocida por casi un 11% de la población de Madrid,
es decir, por una de cada cuatro personas que escucha habitualmente la radio.
Lo que es más importante, "Casi la mitad de los que la conocen, la escucha de forma reiterada".
Y lo mejor de todo: "MÁS DE 50.000 radioyentes la siguen de forma habitual".
Curiosamente, escucha RADIO CÍRCULO más lo hombres que las mujeres (13,3% frente a 8,7%) y ligeramente más los jóvenes menores de 30 años (13,8%) que los mayores de 30 (10,8%).
El porcentaje disminuye entre los mayores de 50, pero aún así es un 7,3%.
[PR]
by zonajapon | 2005-07-28 09:51 | 新着情報!/Novedades

懐メロ特集 -中森明菜 Akina Nakamori-

Cada última semana de mes, hacemos un monográfico sobre un artista japonés que ha tenido o tiene mucho éxito en Japón.

Hoy hemos elegido a Akina Nakamori.

毎月最終週は、30分間フルで「懐かしのアーティスト特集」を行っています。

7月28日は、80年代を代表するアイドル「中森明菜」!


往年のアイドルと言えば主流は清純派。いわゆるリカちゃん人形的な明るく可愛いキャラが定番ですが、いつの時代もアンチな存在というのは求められるものです。山口百恵しかり…。

中森明菜も、そういう意味ではデビュー当時から主流とは一線を画した存在でした。『スター誕生』への出場をキッカケに、82年に「スローモーション」でデビュー。同期のアイドルには、小泉今日子・早見優・松本伊代・堀ちえみなどがいます。

2ndシングルの「少女A」で、不良っぽさや陰りのあるアイドルとしてのイメージが定着し、以降、「セカンド・ラブ」「禁区」「飾りじゃないのよ涙は」と、連続ヒットを飛ばしていきます。

衣装・メーク・振り付け・楽曲のプロデュースなどを自身で担当し、また、歌唱力にも磨きをかけて、アイドルの枠をこえた高いアーティスト性を発揮。松田聖子と共に80年代を代表する歌姫となったのでした。


中森明菜は、1985年に『ミ・アモーレ』、そして86年に『DESIRE』で2年連続『日本レコード大賞』を受賞します。

オリコン週間シングルチャートでは21作のナンバー・ワンを獲得し、女性歌手としては松田聖子に次ぎ、浜崎あゆみと並ぶ2位タイ記録を保持しています。

またテレビ番組『ザ・ベストテン』では69週で1位となり、番組史上最多記録を打ち出しました。

その勢いはとどまるところを知らないかのように見えたのですが、近藤真彦との破局騒動で89年7月に自殺未遂事件を起こし、しばらく歌手を休業することになります。


中森明菜は、1992年にテレビドラマ『素顔のままで』に出演し高視聴率を獲得します。完全復帰したかに見えましたが、その後もレコード会社の移籍トラブルなどのスキャンダルが続いて、歌手としては不遇な時代を過ごすことになります。

デビュー20周年を迎えた2002年、カバーアルバム『ZERO Album - 歌姫II』をリリースし、これがヒット。ライバル視された先輩格の松田聖子の『瑠璃色の地球』、憧れの存在である山口百恵の『秋桜』などをカバーし話題となりました。

また同じく2002年、14年ぶりにNHKの『紅白歌合戦』にも出場しました。

2004年には、自身のレコードレーベル「歌姫レコーズ」を設立し、全国でディナーショーなども行っています。今年はテレビへのゲスト出演も多いようですね。

オンエア・ナンバー
少女A
セカンド・ラブ
十戒
ミ・アモーレ
難破船
デザイアー
[PR]
by zonajapon | 2005-07-27 05:55 | 懐メロ特集/Monográfico

28 de Julio de 05 のオンエア曲

<懐かしのアーティスト特集 / 中森明菜

少女A
セカンド・ラブ
十戒
ミ・アモーレ
難破船
デザイアー

<Monográfico de Akina Nakamori

Syojyo A
Second love
Jyukkai
Mi amore
Nanpa sen
Desire
[PR]
by zonajapon | 2005-07-27 05:40 | オンエア曲/Canciones

14 & 21 de Julio de 05 のオンエア曲

Día 14
TONGUES OF FIRE / TSPO
世界地図 - Map of the World - / TSPO
LEFT WITH THE DOG / TSPO

Día21
砂の丘 - Shadow on the Hill - / TSPO
さらば友よ - Farewell My Friend - / TSPO
AZURE / TSPO
[PR]
by zonajapon | 2005-07-14 23:57 | オンエア曲/Canciones

公美の放送雑記 -7-

番組では7月14日、21日の2回にわたって、東京スカパラダイスオーケストラの茂木欣一さんとのインタビューを放送します。
以下、彼のお話のスペイン語要約を掲載しますネ。

El resumen de la entrevista con KINICHI MOTEGI (el batería de la TOKYO SKA PRADISE ORCHESTRA) en castellano

Desde hace tiempo tenían muchas ganas de venir a España para tocar.
Por fin se ha hecho realidad su deseo, están muy contentos y felices.

TSPO es una banda que lleva en acutivo más de 12 años sin tener un líder reconocido.
Por ese motivo, no tener el líder, todos los miembros se han convertido en líderes.
Con cada situación que surge, alguien del grupo, el más adecuado en ese momento, toma el mando.
Eso es el secreto de gran éxito del TSPO.
Ante todo entre ellos existe respeto mutuo, así que cuando tienen opiniones opuestas (Ej. sobre una canción), prueban todas las opiniones e intentan buscar el sonido más adecuado para el estilo de TSPO.
A veces con mucha paciencia.
El hecho de haber un gran numero de miembros en la banda, 10 personas total, ayuda a suavizar la tensión en el grupo.

El ultimo álbum “Answer” en que salió el mercado el 9 de Marzo de este año está basado en la experiencia de la gira mundial que estos 2 años ellos estaban realizando.
Las personas que lo han escuchado en Japón opinan que pueden ver el paisaje o sentir el aire de los extranjeros en estas canciones.

Después de tocar en Europa y EE.UU. han llegado a la conclusión de que siempre quieren ser ellos mismos.
Donde sea, con quien sea, quieren ser la TSPO.
[PR]
by zonajapon | 2005-07-14 23:34 | 公美の放送雑記/Nota

公美のスペインときど記 -7-

==逆輸入感覚?! イベリコ豚に初挑戦の巻==

さすがにスペインに住んでるもんで、ハモンイベリコ同ハブーゴ同ベジョタといった代モンは、もっちろん口にしたことがあるのだが、日本で『ハモン』以上に人気(らしい)の『イベリコ豚』肉は、自慢じゃないが食したことがなかった。

スペイン唯一にして最大のデパート『エル・コルテ・イングレス』では、以前から(と言ってもここ1年くらいか?)イベリコ豚肉が販売されているのは知ってたけど、フツーの豚肉が美味なこの国であえて高いお金払って食べようとも思わなかったし、第一この国じゃ手塩にかけて育てた高級豚はハモンにするために存在しているものだ(と信じていた)。
生の高級豚を鉄板焼きにして食べるスペイン人は、未だに少数なはず。

それが、やれフェラン・アドリアだ!フアン・マリ・アルザックだ!と、ヌエバ・コシーナ(ヌーベル・キュージーヌの西語版)のスーパー・シェフたちが世界的にもてはやされ始めたのと相まって、調理しようのないハモンより調理しがいのある生肉に注目が集まったんだろうか?
いや、それよりハモンはけっこう獣臭いというのと、スペイン政府の貿易プロモーションが功を奏したことが、日本での盛況に影響しているのかもしれん。ウン。

そんな祖国でもてはやされているスペイン産イベリコ豚が、我が家の近所のスーパーにもひそかに並び始めた。
なんとなく逆輸入感覚?
で、「こりゃーいっちょ食べてみんと!」と、強迫観念というか義務感に突き動かされて購入してみた。

d0038733_812237.jpg 
パッケージには405g / 5.24ユーロと書いてある。が、カテゴリーは記されていない。ただProductos Ibéricos(イベリア・プロダクト)とあるのみ。
日本で販売されているものよりはこれでも随分安い(1kg=12.95ユーロ)が、これはいわゆるピエンソ(イベリコ豚ではあるが、特別な飼育はせず、白豚同様の飼料を与えて出荷重量まで飼育したもの)なんだろうか?
まぁいいさ、いいさ、細かいことは気にしない。
<生はこんなだった>

サイト『All Abouto Japan』 allabout.co.jp/gourmet/sanchoku/closeup/CU20040328A/index2.htm
を参考にウキウキと、ちょっと緊張しながらグリルパンで調理する。

d0038733_812262.jpg 
食してみるとウ~ン、濃厚!!
スゴイ存在感。
脂が乗りまくっているし、柔らかいよ~。
私の大好物骨付きカルビを、更にジューシーにマッタリと濃くした感じ。
405gを2人で食べてちょうどいいな。
そうそう、レタスたっぷりのサラダも忘れずにネ。
<焼くとこうなった>

で、結論なんだけど…「タマにでいいかな、私は」。
年を取ったせいか、祖国を離れて長いせいか、とどのつまりは刺身の方がよっぽどありがたいのだっだ。

デヘヘ…。
[PR]
by zonajapon | 2005-07-13 00:30 | 公美のスペインときど記

公美の放送雑記 -6-

東京スカパラダイスオーケストラのライブの2週間ほど前、オーガナイザーのI君(スペイン人)に連絡しインタビューの調整を依頼していたのだが、当日朝になっても連絡がない。(スペインだから…)
スカパラ一行は当日マドリッド入りすることになっているので、お話聞くのは無理かなぁ…と半ば諦めていた。「最悪、ライブのレポートだけはできるし」などと悠長に構えていたが、友人からの電話でチケットはソールド・アウト(!)と聞き、飛び上がった。
「マジ??!!」当日券アテにしてたのにー!あんまりだ、どーしよー!
慌ててI君に連絡すると、「仲間のK(日本人オーガナイザー)に電話するよう言ったんだけど」と言うが、K君とやらからはなーんも聞いてないゾ。(スペインだから…)
すったもんだの末、午後のサウンドチェック時に飛び込みでインタビューさせてもらえることになった。ホッ。
そうなの、スペインは『なんとかなる国』なのだよ(笑)。

d0038733_2044259.jpg午後会場の『Sala Caracol』に向かうと、おっ!ツアーバスが既に横付けしてる。
ナンバーはドイツのものだ。
マネージャーのS氏は、「このバスでヤロー18人、ヨーロッパを周っています」と言っていた。2階部分がベッドになってるんだそう。
まさに大陸横断ツアーだゼ!

マドリッドは、今日も雲1つない晴天!太陽はカンカン照りだが、涼風がとても爽やかで、スカパラの到着を歓迎するには絶好の天気だった。
バスのフロントガラスに映る青空をご覧下さい!
美しいでしょ?

d0038733_2045828.jpg後ろには機材車が連結されている。
どくろマーク、これはどういう意味なんだろ?意味はなかったりして。
これに全ての機材(衣装もか?)積み込んで、欧州ぐるり8カ国18ヶ所23日間で周る。
この暑い中すごーーーーく大変だろうけど、楽しそうでもある。
やっぱ気合だよな、気合!

トロンボーンの北原雅彦さんなど、さっそくスケボー出して会場周辺で遊んでいた。
こんな過密スケジュールでは、息抜きは最重要事項だよね~。
皆さん、どうぞ体壊さないようにがんばってください!!


今年の『スカパラ EURO TOUR’05』の日程は以下の通り。

6/24 UK Glastonbury Glastonbury
6/25 UK London Mean Fiddler
6/26 Holland Rotterdam ParkPop
6/28 France Toulouse Le Ramier
6/29 Spain Madrid Caracol
6/30 Spain Barcelona Apolo
7/02 Switzerland St Gallen Open Air Festival
7/03 Denmark Roskidle Festival
7/05 France St Germain En Laye
7/06 France Bordeaux Le 4 Sans
7/07 France Corsept Salle Socioculturelle
7/08 France St Brieuc Les Nocturnes
7/09 Germany Koln SummerJam
7/11 Austria Wien Arena
7/12 Germany Munchen Feierwerk
7/13 France Mulhouse Betes de scene
7/15 France Cognac Festival
7/16 France Dour Festival

ね、極ハードでしょ?
 
d0038733_20451532.jpg皆さんのご尽力のお陰で、ドラムの茂木欣一さん(←)にお話を伺うことができた。
「イギリスでのライブは雨上がりでぬかるんでる中、メンバー全員長靴で会場入りしたんだよね。天気がいいとそのライブは50%成功したも同然なんだけど、ずっと来たかったスペインが最高の状態で迎えてくれて、とっても幸せだよ」と言ってくれ、私もとっても嬉しかった。

今回のユーロツアーの反響欧州人のノリについて、また、リーダーなしでこんなに長く活動を続けられる秘訣について、ニューアルバムについて、今後の抱負…etcを語ってくれた。

時間の関係でサラの表(道端)でのインタビューとなり、横を通り過ぎるバスや風の音などの『効果音』もバッチリ入っている。が、これもまた『味』ということで、7月14日,21日の2回にわたり、茂木さんの生の声を番組で紹介することにした。せっかくだもんね。

彼はこちらがクラクラするくらいいい方で、こんな飛び込みインタビューにもニコニコ応じてくれ、再度感激しながら今テープを編集している。どれもいいお話で、カットするのが惜しいんだよなぁ…。困った。
                                             
[PR]
by zonajapon | 2005-07-10 20:42 | 公美の放送雑記/Nota


ソナ・ハポン(Zona Japon)は、マドリッドのFM局 "ラジオ・シルクロ100.4FM" にて放送のジャパンカルチャー紹介番組です!      (09年で一旦終了)www.radiocirculo.es
お知らせ
● Yukki Yaura さんとのコラボ、松嶋翻訳のオールカラーe-book “HAIKU Poemas ilustrados”発売中!!

d0038733_20444015.gif
お問い合わせは、info@suekichibook.com まで。

● 07年-08年シーズン放送のPepi Valderrama嬢による「日本-スペイン文化比較」、Yukki Yaura女史による「環境をめぐる日本と日本人の事情」はPod Casting専用ブログhttp://zonajapon.cocolog-nifty.com/blog/でお聴きいただけます!

d0038733_20592454.gif
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
お役立ちパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧