Zon@ Japon 放送雑記



<   2006年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


公美の放送雑記 -19-

d0038733_23364241.jpg1月・2月の懐かしのアーティスト特集、中島みゆきを予定していたのですがCDと局のプレーヤーとの相性がどうしても合わず、アーティストを変更しています。

今月のピンチヒッターは、トウワ・テイ
実は、Deee Liteの頃からのファンなのだ。

日本に帰ってソロになってからの彼のアルバム、ほとんど持っているはずなのにゆっくり聴いたことがなかったんだけど、今回いろいろ聞かせていただいて感心した。

デビューアルバム『FUTURE LISTENING!』なんて95年、今から10年以上も前のものなのにとってもしんせ~ん(新鮮)!

まずは『バトゥカダ』にスクっとハマってしまった。
この曲は日本でも大人気だったらしい(今頃になってネットで調べた私)。

続く『ラブ・コネクション』もよろしい。
ということで、このアルバムからはこの2曲をピックアップ。

3枚目の『TOWA TEI』からは『オーディオ・セックス 』、4枚目の『Last Century Modern』からは『バタフライ 』のコーネリアス・リミックスをお送りした。

どのアルバムも流し聞きして邪魔にならず、だからといって存在感がないわけでは全くなく、サラリと空間を充たしてくれる…、そしてクールに元気をくれる、そんな音たちなんだよね。

いいっすヨ~、トウワ・テイ。

*写真はオフィシャル・サイトより引用。
[PR]
by zonajapon | 2006-02-24 23:38 | 公美の放送雑記/Nota

23 de Febrero de 06のオンエア曲

トウワ・テイ特集  Monográfico de TOWA TEI

Groove is in the Herat / Deee Lite
Batucada / Towa Tei
Luv Connection / Towa Tei
Audio Sex / Towa Tei
Butterfly (Cornelius Remix) / Towa Tei

*新聞等で『中島みゆき特集(2)』とアナウンスしておりましたが、都合で急遽予定を変更させていただきました。
ご了承ください。
[PR]
by zonajapon | 2006-02-20 06:22 | オンエア曲/Canciones

公美の放送雑記 -18-

==生・ZP!!==

2月16日、20時ちょい前にシルクロの入り口まで来ると、なんとなくいつもにも増して物々しい雰囲気。
だいたいこの建物では有名人や作家・アーティストといった人々が、何かしらイベントや会見を行ったりしてるからして、運転手付きの黒塗りベンツやアウディといった高級車が停まっているのは、茶飯事なんだけど。

ラジオが入っている5階まで上がるエレベーターは尋常じゃない混雑で、仕方なく5階(この建物は変な作りになっていて、日本でいうところの7階)まで初めて階段で上がる。
一気に汗が全身から噴出す。
ウー。

ゼーゼー言いながらやっと5階までたどり着くと、この騒ぎ。
d0038733_23304338.jpg

なんだ?!なんだ?!
スゴイ数の人がフロアにあふれている。

聞くと、なんと!!!ZP(サパテロ首相)が来ているらしい!!

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!
マジィィィ???!!!

報道陣、シルクロの職員、ボディガード、その他大勢のよく分からないやじ馬(私含む)...etc でごった返すフロアで、一瞬舞い上がる。

まさに、これから番組いたしましょ、というこの時、一国の首相がおんなじフロアに居合わせている!
なんてこった!
えらいこっちゃ。
ととと、とりあえず見物しなくっちゃ!生・ZP
と、仕事を忘れカメラ片手にスタンバるミーハーな私。

¡Qué nivel!

日本にいたって生・小泉目撃する機会なんてないよー。
スペインじゃZPが私が働くラジオ(と同じフロア)にやって来るんだぜ!
ルルルルーーン!
d0038733_23311466.jpg

ZPはどーやら このフロアで行われる、とある本の出版記念パーティに出席しているらしい。

冷静に周囲を見渡すと、TVによく登場する有名コラソン・ジャーナリストなども数人。
でも、浮き足立ってる私の目には入らない。

待つこと20分。
ついに!!ZPが出てくるー!!

が、あまりのもみくちゃ状態に声をかける(ってムリよね、まず)ことはおろか、写真さえまともに撮れない。
闇雲に連写モードでシャッターを切ってはみるが、謙虚な私は彼の前に躍り出ることはできず、遠巻きから撮れたのはこのような後姿(↑中央、白い襟と高い頬骨が一際目立つそのお方こそ、ZPなのだ)のみ。

アア…。
でも、至近距離で見ちゃったよーーー!

言わせてもらうなら、あんまり大きな人ではなかったのと、意外にセムシだった。
TVで見る時ってだいたいが真正面からの画なので知らなかったけど。
d0038733_23325717.jpg

興奮冷めやらぬ中、マドリー在住の日本人アーティスト(画家・彫刻家・写真家・作家...etc と多才なのね)のヤマオカキヨシ氏をお招きして、生放送!
彼のビデオを製作しているというビデオカメラも入りーのバタバタの生。

氏は、2月2日からマドリーのギャラリー「エドゥルネ」("Galería EDURNE" C. de la Libertad, 22 entresuelo dcha. MADRID) において、2005年から2006年にかけての制作作品を展示中。
1997年からここで定期的に展覧会を行っている氏の今回のテーマは、「投射された形而上=Proyección Metafísica」ということで、鉛、石工、ホッチキス、写真などを主な素材として使用している。

インタビューでは、今回の作品群のテーマ、作意、素材との関係、彼のスペインでの人生、今後のプロジェクトなどを伺った。

番組のオンエア曲は、1967年からマドリーに滞在しているというヤマオカ氏にちなんで、60年代の日本のダンス歌謡オンリーで統一してみた(笑)。
d0038733_2332077.jpg
番組終了後表に出ると、左よりTV番組の『Caiga Quien Caiga (カイガ・キエン・カイガ)』も取材に来ていたのを発見!
記念に速攻で1枚。
ちなみにインタビューされているおっさんは、誰か不明ダス。
[PR]
by zonajapon | 2006-02-17 12:35 | 公美の放送雑記/Nota

16 de Febrero de 06のオンエア曲

銀座パチャンガ通り / 北原謙二
恋のクンビア / 弘田美枝子
チュンガを踊ろう / 小林旭
泣き笑いのマンボ / 美空ひばり

Koi no pachanga doori / Kenzo Kitahara
Koi no kunbia / Mieko Hirota
Chunga wo odorou / Akira Kobayashi
Naki waraino Manbo / hibari Misora
[PR]
by zonajapon | 2006-02-15 00:30 | オンエア曲/Canciones

公美のスペインときど記 -33-

==現代美術展==

d0038733_020272.jpg13日、最終日のアルコ(ARCO=現代美術展)を冷かしに行ってきた。

マドリーの見本市会場「IFEMA」で毎年この時期に行われるアルコとは、文字通りArte Contemporanéo の略で、
まぁ、スペインじゃコンテンポラリー・アートの最高峰的な祭典なのである。
なのではあるが…、(だいたい)毎年行っては「なんだコレ???」とガッカリするというか虚脱感に襲われる祭典なのだわ。
そもそも私は、このいわゆる「コンテンポラリー・アート」というのがよく解らん。
「じゃ、行くなよ」と言われそうだが、まぁそこはインビテーション貰っちゃったりなんかすると勿体なくて行ってしまうのが、人間の悲しい性なんだナ。
だって普通に入場料払うと30ユーロくらいするんだもん。
ドロボーめ!

今回もオープニングにはフアン・カルロス国王が臨席。
世界35ヶ国の278のギャラリーが3,000人以上のアーティストによる絵画、彫刻から写真、ビデオ、デジタルアートなど、さまざまな表現形態の「最前線アート」を展示した。
もちろん日本からのギャラリーも参加している。
今年は25回目、ということで記念企画の「スペイン・アートの16プロジェクト(スペインの16人の新進アーティストに、無料で作品展示スペースを提供)」なーんてものがあったりした。

最終日、しかも午後からゴソゴソ出かけた私は、もちろん全部なんて見られるわけなく、2つあるうちの1つのパビリオンをメインに「流した」だけなんだけど、チョロっとそんなアルコをご紹介。

d0038733_0241849.jpgバレンシアのギャラリー「PUNTO」の展示スペースにドドーーンと置かれていた、1992年のバルセロナ・オリンピックの公式マスコットをデザインしたハビエル・マリスカル作の車

そう、マリスカルってバレンシア人だったらしく(てっきりカタランの人かと思っていたが)、マスコットのデザイナーに決定した時、カタラン人たちは「なんでカタランのデザイナーを採用しなかったか!」とブリブリ文句を言ったらしい。

というのは1月に行ったバレンシア出張時に知ったんだけど。
さすがやね、カタラニスモ(カタルーニャ主義)。

d0038733_025486.jpg車の廃タイヤで出来たサメ
ティブローーン!
けっこうな人気を集めてた。

d0038733_028509.jpgこういう「自然」を扱ったものについ目がいってしまう。
基本的に好きなんだろう、たぶん。
KENZOの香水のパッケージを彷彿させる写真たち。
気に入りました。

d0038733_0292675.jpg自然シリーズ第二弾。
葉脈(?)を浮き立たせた写真のような、絵のような…。
これもよかった。

d0038733_0303485.jpgギャラリーの壁に直に貼りつけ(?)てあった雨だれ。
このシンプルさがいい。

でもこれって「デコレーション」なのか「アート」なのか?
我が家の長ーい廊下の壁に作ったら楽しそーだな。

d0038733_0424288.jpgたぶん、ガリシアのギャラリーだったように思う。
なんか、この様相がかわいいでしょ?

チリ紙の上に毛糸球置きました!って感じなんだけど、毛糸のように見えるのは実はさまざまな色のフェルトで包まれたボールたち。

ポンポン、コロコロ。

ソソっとした佇まいが好きだった。

d0038733_033910.jpg今は亡きスペイン近代アートの巨匠の1人、アントニオ・サウラの作品。
フランスやスペインのいくつものギャラリーが出展していた。

うん、ホンモノはやはり存在感が違う。
この人の筆使いが好き。
ダイナミックで力強い。
迷いがない。

このあたりまでなら、私にも解るんだけどな…。

d0038733_034189.jpgもう1人の巨匠、マヌエル・ミジャレスの作品、大アーーーーップ!
この隆起したエネルギー、伝わるかしら。
この人の作品も、いくつかのギャラリーから出ていた。

あと、巨匠中の巨匠アントニ・タピエスのもかなりあったぜ。
しつこいようだけど、このくらいの年代までのコンテンポラリーは理解できるんだよ。

でも、アートって「理解する」必要ってあるんだろうか?
要は、作品が「好き」か「嫌い」かってことでいいんでないかしら?

d0038733_0352254.jpgデッカイ・ナイロン・ベイビー!
おヘソの穴から空気が入ったり出たりして、しぼんだり(体が前かがみになる)膨らんだり(この姿勢)するんだけど。

ウーン、よく解らない。

d0038733_036944.jpgボデゴン(静物)の真っ白な彫刻。
だから?
という気もするんだけど、「純白でストレート」な美しさは買い。

前出の「雨だれ」と同じギャラリーからの出展品。

d0038733_0402552.jpgいわゆる「スペイン・アートの16プロジェクト」の中のひとつだったんだが…。
怒るよ。
こんなんでいいんだろうか?

WAKARANAI…。

だから、写真もちょっとボケぎみ。

私としては今年の「解らない大賞」を贈りたい。

d0038733_03713.jpg今年の特別招待国オーストリアからは、「インタビュー・マシーン」が登場。
パビリオン内をこのマシーンが巡回し、入場者の画と声を拾って廻るというプロジェクト。

来年のアルコに「ビデオアート」として出展されそうで…怖い。

無きにしも非ず、だよな。
トホホー。

[PR]
by zonajapon | 2006-02-15 00:15 | 公美のスペインときど記

公美のスペインときど記 -32-

==ハートのジャガイモ==

d0038733_11421230.jpg

今日はバレンタイン・デー。
スペインでは、通称「ディア・デ・ロス・エナモラードス(恋するものたちの日)」と呼ばれる。

そんな日まさに私ったらハート型したパタタ(ジャガイモのことです)を家の台所にて発見!!!
かなりハッピー。
[PR]
by zonajapon | 2006-02-14 23:27 | 公美のスペインときど記

9 de Febrero de 06 のオンエア曲

ロック・ユア・ベイビー / TOMATOS
500マイル / HIS
あなたの好きな海 / Luv Master X

Rock your baby / TOMATOS
500 miles / HIS
Anata no sukina umi / Luv Master X
[PR]
by zonajapon | 2006-02-09 23:40 | オンエア曲/Canciones

2 de Febrero de 06 のオンエア曲

嘉辰 / むすびひめ
りんご節 / 高橋竹山
Rokudan / Zumi-Kai Original Instrumental Group
Midare / Zumi-Kai Original Instrumental Group

Kashin / Musubihime
Ringobishi / Chikuzan Takahashi
Rokudan / Zumi-Kai Original Instrumental Group
Midare / Zumi-Kai Original Instrumental Group
[PR]
by zonajapon | 2006-02-02 23:40 | オンエア曲/Canciones


ソナ・ハポン(Zona Japon)は、マドリッドのFM局 "ラジオ・シルクロ100.4FM" にて放送のジャパンカルチャー紹介番組です!      (09年で一旦終了)www.radiocirculo.es
お知らせ
● Yukki Yaura さんとのコラボ、松嶋翻訳のオールカラーe-book “HAIKU Poemas ilustrados”発売中!!

d0038733_20444015.gif
お問い合わせは、info@suekichibook.com まで。

● 07年-08年シーズン放送のPepi Valderrama嬢による「日本-スペイン文化比較」、Yukki Yaura女史による「環境をめぐる日本と日本人の事情」はPod Casting専用ブログhttp://zonajapon.cocolog-nifty.com/blog/でお聴きいただけます!

d0038733_20592454.gif
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
お役立ちパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧