Zon@ Japon 放送雑記



<   2007年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧


明日の『毎日新聞』に・・・

d0038733_13161586.gif急遽、アメリカズカップについての私の記事が掲載されることになりました!

明日、3月1日夕刊のコーナー『見る写真読む写真』に、アメリカズカップに挑む3人の日本人についての記事と写真5枚が載ります。

来月4日からはじまる、チャレンジャー決定のための前哨戦『ルイ・ヴィトンアクト』最終ラウンドを目前に、この世界最古のスポーツトロフィーに12年前から挑み続けている3人のヨットマンを、再度クローズアップ!

少しでも日本の皆さんに、このイベントと彼らについて知ってもらいたいとの願いを込めて。

セーリング文化のない日本では、このカップの存在がほとんど知られてないのも無理ない・・・と痛感する一方で、いや、それでもプロのスポーツマンとして世界を舞台にカップ奪取に全てを賭ける鹿取さん、早福さん、脇永さんからは、同じ日本人として健全な元気がもらえるはず!と信じています。

各チームの専属カメラマンが撮った迫力の写真が素晴らしいので、可能な方には是非『見て』『読んで』もらいたいです。
[PR]
by zonajapon | 2007-02-28 19:30 | 新着情報!/Novedades

1 de Marzo de 07のオンエア曲

罪と罰 / 椎名林檎
雪どけ / 忌野清志郎
上を向いて歩こう / 山根麻衣・窪田晴男UNIT

Tsumi to batsu / Ringo Shiina
Yuki doke / Kiyoshiro Imawano
Ue wo muite arukou / Mai Yamane & Haruo Kubota UNIT
[PR]
by zonajapon | 2007-02-28 09:00 | オンエア曲/Canciones

写真で見るAC -12-

いわゆる「へそ」な場所から、左側へはずーーーーーーーっと長い長い防波堤というか運河が新しく作られた。
『ルナロッサ』、『BMWオラクル』、『アリンギ』といった強豪チームのベースもこっち側にある。

d0038733_11291338.jpg
それらを通り越して『Veles e Vents』も越えると、こんな散歩道になっている。
歩いてたらちょーど豪華帆船が入港してきた!
リッチでキモチイイ空間。
さらにずんずん、ずんずんと進んで突端まで来ると、進行方向左手には・・・

d0038733_11304976.jpg
ババーーン!!
数キロだか数十キロだか彼方まで続くバレンシア海岸が目の前に現れる。
壮観!
バレンシア港はスペイン第2位の規模を誇る商業港。その付け根から伸びるビーチってことで、海水はお世辞にもキレイとは言えないんだけど、そんなこったぁお構いなしさ。
5月下旬だったにもかかわらずみんな水着で日光浴!
のどかな初夏の昼下がり。
[PR]
by zonajapon | 2007-02-27 14:40 | Americas Cup

写真で見るAC -11-

現在チャレンジャー決定シリーズで1位につける『エミレーツ』が、秋・冬とトレーニングを行っていたニュージーランドから、
ついに戻ってくる。
いよいよ4月から始まる最終決定戦に向けて、3月には再バレンシア入りだ。

ということで、長いこと放置していたこのコーナーも復活ぅ!

d0038733_11182971.jpg
アメリカズカップ・ポートの「礎」、バレンシア港の「へそ」ともいえるのがこの場所。
ここに立って向かって右手(写真奥)に見えるのが・・・

d0038733_11195016.jpg
イベントの報道中枢「メディア・センター」。
古くからこの港にあった倉庫を巧く利用して造られている。

d0038733_1120173.jpg
左手はこんな様子。
奥に見える建物は、第1回大会からこれまでの優勝艇の模型&歴史が展示されている。
[PR]
by zonajapon | 2007-02-26 21:10 | Americas Cup

公美の放送雑記 -61-

昨日は吉田兄弟のお2人に去年いただいていたコメントを交え、彼らのアルバム「ヨシダ・ブラザース」の2回目の特集をオンエアした。

彼らはマドリー滞在中、2回の公演を実施。
私もスペインのみんなもオリエンタルな空気を満喫した、いいコンサートだった。

d0038733_3244328.jpg
<ラジオも入っている、スペイン一の規模を誇る芸術文化センター『シルクロ・デ・ベジャス・アルテス』での公演模様>


d0038733_326231.jpg
d0038733_3263755.jpg
<フラメンコ界の若手にてして既に重鎮の、ラファエル・アマルゴ氏率いる舞踏団との公演模様>


ところで、来月の『アーティスト特集』は『憂歌団』。
私は92年の春に長崎で始めて彼らの生演奏を聞いて、ガシッとハートを鷲づかみにされてしまったのだ。脳天かち割られた、人生において数少ないライブ・・・。
人情味にあふれた唄を歌わせたら天下一品!ブルースのスタイルを借りて演歌を歌っているような彼らの代表曲の紹介を、ただいま構成中。

残念ながら98年一杯で休業に入った憂歌団の情報をチェックしていて、元ボーカリストの木村充輝(あつき)さんのHPで、すごーーーく心に残った、共感した言葉があった。
「ああ、ホントこれだなぁ・・・」と。

普段多くを語らない関西人(53歳)の彼が、インタビューで「夢は?」と聞かれ、簡潔に「生きる事、かなぁ」と答えていた。

この年になってようやく、私にもこの言葉がズシリと響くようになった。
生きる事」、これって「私たちがこの世に生を受けた意味、というか私たちの根本的な使命」だと思う。
これを享受させてもらえることへの「感謝」、常に自分の中に持ち続けたい。
これを「感じられる自分」でいる間は、足元がしっかりしてて、心が平穏だったり幸せだったりするもの。
[PR]
by zonajapon | 2007-02-23 16:35 | 公美の放送雑記/Nota

22 de Febrero de 07のオンエア曲

< アルバム特集 / 吉田兄弟 (パート2) >
< Monográfico de Yoshida Kyodai (2ª parte) >

アルバム「YOSHIDA BROTHERS」より
De su album "YOSHIDA BROTHERS"

カノン
モリコーネ
オー・マイ・ラブ
ヒット・ソング
津軽甚句
心に抱かれて

CANON
MORRICONE
OH MY LOVE
HIT SONG
TSUGARU JINKU
KOKORO NI DAKARETE
[PR]
by zonajapon | 2007-02-21 22:40 | オンエア曲/Canciones

15 de Febrero de 07のオンエア曲

ヴィーナス / オリジナル・ラブ
Venus / Original Love
[PR]
by zonajapon | 2007-02-16 10:20

公美の放送雑記 -60-

今日は、1月半ばに開催されたガストロノミー・サミット「マドリッド・フシオン」で講演し、どえらい成功を収めた東京『龍吟のオーナーシェフ、山本征治さんとのインタビューをオンエアした。

d0038733_512088.jpg料理の世界に入ったきっかけや、彼が3年年前にオープンしたお店についての他、スペインとの関わり、料理学会に参加する意義、今後のプラン・・・といったことをお話してもらった。

なんと!スペインに来るのは今回6回目という山本さん、来週2月19日にはジローナ(カタルーニャ地方)の学会に参加するため、そろそろ再びスペイン入りする。

そしてこの春から、上海、モナコ、ニューヨークと渡り歩いた後、10月30日にはサラゴサ(アラゴン地方=2008年万博開催地!)でも、またまた講演!

・・・と、これからもしょっちゅう来西して「日本料理の真髄」を説いてくれる予定。

こんなに頻繁に海外に招かれつつも、お店は閉めない!質も落とさない!という心意気、立派です。
完ぺき主義オーナー&シェフである彼が、安心して任せられるスタッフがビシっと揃っている証拠でしょう。

日本に帰った時には、何が何でも1度は行きたいレストラン~!!
[PR]
by zonajapon | 2007-02-15 23:50 | 公美の放送雑記/Nota

公美のスペインときど記 -71-

==内陸のムール貝=

在住40年という知人に案内されて、初めてSolにある有名ムール貝専門店(メニューは1品のみ!)に行った。

ここはポルトガルの上部に位置する魚介類の宝庫「ガリシア地方」のオーナーが、土地で獲れる産地直送のムール貝を饗するレストラン、というか老舗食堂。
昔ながらの立ち食いカウンターの足元には、ムールの貝殻が豪快に捨てられている。
う~ん。 スペインしてるぞ~。
モダン化の一途をたどるマドリーで、いまだ存在するこーいう店に出会える喜び!

d0038733_14387.jpg壁一面にはムール貝殻のデコレーション・・・。
燭台もムール。

かなりエグイけど、ここまでシンプルにキッパリと主張されると許すしかあるまい(笑)。

d0038733_1434993.jpgこれが「噂の」ムールさま。

1皿に10個くらいだったかな、載っている。
赤いソースが「ここだけ」の「売り」とのことで、「特許」まで取ってあるそう。
ほどよくピリ辛のソースに、茹でたんだか蒸したんだかしたムールさまが絶妙なマッチングゥ。

かる~く2皿ペロリ。

夏にテラスでビール飲みながら・・・とか、ジュル、考えただけで胸がトキメいてしまうね。
お店のデータ、もらいそこなったため、入手し次第UPするということで・・・。
[PR]
by zonajapon | 2007-02-12 08:30 | 公美のスペインときど記

公美の放送雑記 -59-

今回は、月一ゲストのアントニオ・オリアスを迎えて、邦楽の三曲合奏(ってこういう字かな?)を聴いた。
サンキョクガッソウっていうのは、琴・三味線・尺八の3つの楽器の合奏のこと。
「オンエア曲」↓には故山口五郎の名前しか載ってないが、琴・三味線は当時やはりグラン・マエストラスだった2人の奏者の演奏。

サンキョクガッソウは、「前唄」「手事」「後唄」の3つから構成されていて、「前唄」と「後唄」はゆっくり静かな感じ、そして唄も入っている。「手事」はスピードがあって活気にあふれた感じだと、アントニオは説明した。
残月」は「前唄」と「手事」の両方をかけて聴き比べ。
七小町」は「前唄」だけをかけた。

邦楽ファンのリスナーからは局に問い合わせがあったりして、評判良かったみたい。
[PR]
by zonajapon | 2007-02-09 14:15 | 公美の放送雑記/Nota


ソナ・ハポン(Zona Japon)は、マドリッドのFM局 "ラジオ・シルクロ100.4FM" にて放送のジャパンカルチャー紹介番組です!      (09年で一旦終了)www.radiocirculo.es
お知らせ
● Yukki Yaura さんとのコラボ、松嶋翻訳のオールカラーe-book “HAIKU Poemas ilustrados”発売中!!

d0038733_20444015.gif
お問い合わせは、info@suekichibook.com まで。

● 07年-08年シーズン放送のPepi Valderrama嬢による「日本-スペイン文化比較」、Yukki Yaura女史による「環境をめぐる日本と日本人の事情」はPod Casting専用ブログhttp://zonajapon.cocolog-nifty.com/blog/でお聴きいただけます!

d0038733_20592454.gif
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
お役立ちパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧