Zon@ Japon 放送雑記



<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


31 de Mayo de 07のオンエア曲

==UA特集==
TORO
情熱
電話をするよ
アントニオの唄
悲しみジョニー

==Monográfico de UA==
TORO
Jyounetsu
Denwa wo suru yo
Antonio no uta
Kanashimi Jony
[PR]
by zonajapon | 2007-05-31 16:30 | オンエア曲/Canciones

公美のスペインときど記 -73-

番組終了後、25日で終わってしまった山澤伸氏の写真展「カプリッチョ・デ・コローレス」を見にいってきた。

d0038733_714786.jpg
いやー、実物はこのブログで紹介している作品の100倍、ホント、大げさじゃなくよかった!
センターが閉まる1時間前だったこともあり、私以外ビジターはいなかったのでこの写真なんだけど、よかった!ですよ。

またセンターが作ってるパンフというかミニ作品集がとってもステキでね、数部まとめていただいてきた。
闘牛好きの友達に配ろーっと。

ところで、私、来週月曜から3日間、リスボンに行ってきまーす。
ポルトガルは、大昔に車で周ったことがあるんだけど、リスボンは初めて。
仕事で行くんだけどなんとか「観光」の時間が取れれば!!と心底望んでる。

マドレ・デウスのファンな私としては、ファドは何が何でも聴いてきたい!生を。
写真も撮ってくるぞ!この間の日本滞在でゲットしてきたNIKON D40Xで。
このカメラ、ハリキって買ってきたはいいがイマイチ使い方をマスターしてないのよ、まだ。情けないことに。
でも、がんばる。

さてですよ、今、スペインの農村地帯(特にカスティージャ・イ・レオンやエストレマドゥーラ)は、年間で最も美しい季節。野の花が咲き乱れ、赤・黄・紫・緑の絨毯で覆われている。

d0038733_7153368.jpg
これは、先々週アビラ近郊の村を訪れた道中に撮ったもの。
カメラは相変わらずPanasonicのLumix・・・ ・・・ああ、でも、キレイだった。
かなりハードなスケジュールでの通訳旅行だったんだけど、車で移動して、要するにドライブできる時間というのはなにものにも変えがたいメディテーション、または夢想の時間だったりする。
ありがたいこっちゃ。
緑が、自然が大好きな私にとっては、この季節のスペインが一番スバラシイと思えるのだ。
どこにいっても緑が溢れててね。
日本と違ってこの季節だけの緑、なのよ・・・(あ、北は別)。

これから夏が、灼熱の夏が一気に襲ってきて、これらの緑は茶色に一気に変色する。
今だけ広がるみずみずしい緑・・・。

まぶたの奥に焼き付けた光景、あなたにもお届けしまーす♪
[PR]
by zonajapon | 2007-05-27 07:00 | 公美のスペインときど記

公美の放送雑記 -69-

今回は日本からお持ち帰りした曲たちを、そう、曲オンリーをお送りした。
たまにはこういう日があってもいいよね。
ラインナップは、下項「オンエア曲」のとおり。

d0038733_5485962.jpgゆらゆら帝国の「SWEET SPOT」にはぶったまげた。
こんなバンドが日本に存在してたなんて!!
しかもレコード会社(もうCDしか作ってないのに「レコード会社」って言うのも変だけど)は、天下のメジャー、SONYだよ。

たしか「アマゾン」のオススメコメントだったと記憶してるけど、

大人になったら若者がやってる青臭いロックは聴けなくなりますよね?
かつてのロック・ファンは今どんな音楽を聴いているのでしょうか。
全く音楽から遠ざかるか、ルーツを遡ったり、ジャズやラテンに触手を伸ばしたり・・・。
そういう層が聴いてもすごく楽しめる、現在進行形の若者が作り出す音楽です。
すごい!


ということが書いてあり「まさに、そおっ!」と膝を打ってしまった。
今度ぜひぜひ特集を組みたいわ~。
(そんなこと言ってるアーティストばっかりな気もするけど・・・)

さて、先週一気に30度まで上がって「うわっっ、夏服に衣替えしなきゃーー」と焦ったばかりなのに、今週になってまたまた天気が不安定&涼しくなってるエスパーニャ。
ここ数日全国的に雷ゴロゴロのにわか豪雨に襲われている。

d0038733_5405099.jpg
スタジオから見えた24日午後7時前のマドリーの空はこんな感じ。
雨も小さいのがパラパラと。

d0038733_542488.jpg
ミキサールームからは中央郵便局・レティーロ公園方面も見える。
こっちには一部青空が・・・。

d0038733_5425793.jpg
ちなみにグラン・ビアが始まる辺りにはファサードを直しているビルがあって、そこはドドーーーンとデサフィオ・エスパニョールの応援広告で覆われていた。
いや~、スペインよくがんばったよ!
うんっ!!
[PR]
by zonajapon | 2007-05-25 15:50 | 公美の放送雑記/Nota

写真で見るAC -19 -

今日は朝っぱらからなんだか仕事が忙しく、番組の準備なぞもあるしね、すっかりTVを見るのを忘れていた。
ここ数日荒れ模様の天候だったからして、「今日も延期だろう」と高をくくっていた「ルイ・ヴィトンカップ」の準決勝戦・・・、どうも行われたらしい。

予想してたとおり、デサフィオ・エスパニョールが負けてしまった、ようだ。

エミレーツ・チームニュージーランド 5
デサフィオ・エスパニョール 2

で、鹿取さん所属のチームが決勝に進んだ!!
うわーい!おめでとうございます。

d0038733_317965.jpg
©クリス・キャメロン  
17-18ノットの風の中、波もかなりあった模様。天気が悪いのがこの写真からも分かる。後ろのスペイン艇は霞んでるもん。にしても、カッコイイね~、ニュージーランド艇。


6月1日からの決戦は、脇永さん所属の「ルナ・ロッサ」との一騎打ちだ。
ああ、どっちにも勝ってほしいんだけどね、そうもいかんのがスポーツの世界。
どうなるんだろうか・・・ドキドキだわ。

「3人のうち誰かはACに出場できるだろう」という脇永さんの預言(?)は当たったことになる。

残念ながら日本での中継はないようだけど、スペインではDIGITAL+Tele Deporte(56チャンネル)でレースの中継が行われている。
私はからっきしの素人なのでルールとかはよく分からないんだけど、迫力ある映像と緊迫感に1回チャンネルオンにしちゃったら、TVの前に座り込んでかぶりつき状態。
ああ、オシてる仕事がさらにオシて・・・。
困るんだけど、やめられない(笑)。

そうそう、ACの公式HPでもネットラジオが聴けるよう。
ついに佳境に入ってきたチャレンジャー決定戦、チェックをお忘れなく!
[PR]
by zonajapon | 2007-05-23 22:50 | Americas Cup

24 de Mayo de 07のオンエア曲

ゴースト・イン・ザ・シェル /  坂本龍一
ザ・コミュニケーション / ゆらゆら帝国
ロボットでした / ゆらゆら帝国
Kupu Kupu / Asana
Lost Child / 藤原ヒロシ + 大沢伸一

Gost in the shell / Ryuichi Sakamoto
The communication / Yura Yura Teikoku
Robot deshita / Yura Yura Teikoku
Kupu Kupu / Asana
Lost Child / Hiroshi Fujiwara + Shinichi Osawa
[PR]
by zonajapon | 2007-05-23 22:30 | オンエア曲/Canciones

写真で見るAC -18 -

ルイ・ヴィトン・カップ・準決勝戦、第6戦目にして、BMWオラクルレーシング(米)がアメリカズカップに「さよなら」を告げた。
準決勝では、先に5戦勝ち越した方が決勝に駒を進められることになっている。

先日書いたように、BMWオラクルはルナロッサ(伊)と一騎打ちで戦っていたが、ここまで4-1と負け越していた。今日は何が何でも勝たなければ!というレースだったにもかかわらず、結局33秒の差をつけられて、・・・負けてしまった。

チャレンジャー一(いち)の金持ちチームで、優勝候補ナンバーワンだっただけに、この結果には誰もが驚いた。
この2つのチーム間では激戦が繰り広げられた挙句に米チームが勝つだろう、と私は予想してたんだが。
オーナーのラリー・エリソンがカップ奪取のために投入した資金は、正確な額は忘れてしまったけど(いずれにしても天文学的な数字)、スペインチームの2倍はあったと言われている。

最終的にはお金じゃない、ってことが実証されたわけだけど、それにしてもあまりにあっけない幕切れだった。

早福さんが今夜どれほど気落ちしているか・・・と考えると私もツライ。
彼はここ3回くらい続けてレギュラーでレースに出場してたから、なおのことね。

脇永さんには、おめでとうございます!だ。
「(早福さんとの間に)ライバル意識はない。船の上で決着が付けば・・・」という彼の言葉を思い出す。

一方のニュージーランドとスペインの争いも(こちらは大方の人の予想どおり)、4-1でキウイ勢が優勢にたっていたが、今日のスペインは必死でふんばった。スタートからリードし続け、1度も先頭の座を譲ることなく、すぐ後ろに迫ってくるニュージーランド艇をふりきってゴール!

もちろん、私は鹿取さん所属のニュージーランドを応援しているが、強豪相手に開催国のスペインが食い下がっていくのを見るのは、やっぱりうれしい。
わがスペインのレガッタレベルも、相当なところまで上がってきているという証拠。
いや、この国にはもともと「ヨット文化」が根付いてるんだわ。例えばオリンピックで、もっと下というか別の等級のヨット競技で、バンバンメダル取ってくるのはスペインだもん。

どうがんばってもキウイには勝てないのは分かっている、ここまで来られただけでも本望と、みんなどっかで諦めてる節はあるんだけど(だよね?)、準決勝戦を面白くするためにも、もう1勝ね、挙げてくれるとうれしいんだけどナ。

写真は、ニュージーランドの広報より提供(©クリス・キャメロン)のレガッタの模様。

d0038733_1215207.jpg
5月18日 前から撮ったすっごいいいアングルの写真。スピード感あるしね。カッコイイしウツクシイ。

d0038733_121625.jpg
5月19日 撮影時間からすると、どうもスタート前らしい。スタートがぴったり切れるよう、数分前から両チームともラインの手前を旋回する。

d0038733_12163815.jpg
5月20日 これも多分スタート前。左につけるか右につけるかのポジション争いもここで行われる。
[PR]
by zonajapon | 2007-05-20 21:30 | Americas Cup

公美の放送雑記 -68-

17日は、2ヵ月ぶりに尺八奏者のアントニオ・オリアスを迎えての純邦楽特集。今回は彼が敬愛する作曲家のたけみつ とおるの作品から3曲聞いた。
と言っても、1曲が十数分と長いためそれぞれの曲の一部を5分ほどずつお送りしたんだけど・・・。
1曲目は、西洋の交響楽団に尺八と琵琶がそれぞれソロとして参加しているもの。
2曲目は、雅楽器のための作品。この曲よかった!雅楽スキなの、私。
3曲目は、やはり尺八と琵琶がメインの「エキリプセ(日食・月食)」という楽曲。

写真撮り忘れてしまったけど、もう30度近くまで気温が上がっているマドリーだからして、アントニオはサンダル履きに七分丈のパンツという、すっかり「夏」した格好で登場。
スタジオ内もすでにクーラーが稼動していた。

回を追うごとに彼の準備も周到になってきて、今回は私が出る幕も、口を挟む隙もないほどビッチリ原稿を用意してきてくれた!スバラシイ。アカデミックな雰囲気すら漂う30分だったわ~♪

今年も7月から3ヶ月の予定で日本に尺八の勉強に行く、ということでアントニオのこのコーナー、今シーズンは来月が最終回となります。今のところ、6月21日放送予定なのでお聞きのがしなくネ。
[PR]
by zonajapon | 2007-05-18 12:50 | 公美の放送雑記/Nota

17 de Mayo de 07のオンエア曲

「たけみつ とおる」の作品から
Las piezas de Toru Takemitsu

November Steps
In an Autumn Garden
Eclipse
[PR]
by zonajapon | 2007-05-17 17:30 | オンエア曲/Canciones

写真で見るAC -17-

バレンシア沖で行われているACの予選(正しくは「ルイヴィトン・カップ(L.C.)」)が、ついに「準決勝」まで進んできた!!!

これまで11いたシンジケートが、2回の「ラウンドロビン」を経て、4つに絞られた。
予想通り、というか、これまでの前哨戦で上位4位だった4チームがやはりセミ・ファイナルに進んだ。
(オフィシャルな順位表はここから見られるよ)

1位、鹿取さん所属の「エミレーツ・ニュージーランド」。
2位、早福さん所属の「BMWオラクル・レーシング」。
3位、脇永さん所属の「ルナ・ロッサチャレンジ」。
4位、開催国スペインのシンジケート「デサフィオ・エスパニョール」。

1位につけてるチームは、優先的に対戦チームを選ぶことができ、当然、4位につける(弱い?!)スペインチームを選んだ。

よって準決勝は、
● エミレーツ・ニュージーランド  デサフィオ・エスパニョール
● BMWオラクル・レーシング  ルナ・ロッサチャレンジ
というカードで、9回レースが行われる。
日程は、明日14日~25日まで!!!


そして、それぞれどちらかが「決勝」に進み、6月1日からの「チャレンジャー争い」になだれ込む、ってことだ。
さらにそのL.C.の決勝で勝った1チームのみが、カップのディフェンダーの「アリンギ」と初めて戦えるわけで、それがいわゆる「アメリカズカップ」、なのでござる。

過去スペインのチームが準決勝まで進んだことはなく、すでに舞い上がっている、おっと、盛り上がってはいる、が、エミレーツ・ニュージーランドはなんせ今回、「ラウンドロビン・2」で無敗快勝のシンジケート。
それに2位のBMWなんて、アメリカのチームのくせにメンバーのほとんどがニュージーランド人っていう(詐欺だっ!!)・・・、ニュージーランドは半端じゃなくヨット文化が根付きまくった、そんでもって優勝経験も数回ある、油断ならない「国」なのであってね。
・・・スペインよ、ここまで来れたことを、誇りに思わにゃーね。
ま、よくガンバったよ。
スゴイことだよ。

いずれにしても、日本人ヨットマン3人の所属チームは、そう、最後の最後まで生き残ったのだわ~
素晴らしい!!っす。

明日からの準決勝も、激戦が続きそう。
みんなにがんばってもらいたい!!ホントに!

最後に、エミレーツ・広報のミリアン嬢が、毎日送ってくれるベストショットのなかから、5月8日撮影(©クリス・キャメロン)の迫力の写真を!
d0038733_7592338.jpg
もう、故郷に帰ってしまったスウェーデンの「ビクトリー・チャレンジ」号と、「ひゃーっっ!ぶつかちゃうんじゃない??!!」ってところです。
[PR]
by zonajapon | 2007-05-13 21:50 | Americas Cup

公美の放送雑記 -67-

d0038733_621683.jpg今週は在マドリー写真家の山澤伸さんにスタジオにお越しいただいた!

この下の「新着情報」で紹介している写真展「カプリチョ・デ・コローレス」について、スペイン語でお話をうかがったのだ。
闘牛写真を撮り始めたきっかけとか、彼の哲学とか、そこにある何を表現したいのかなどなど、詳しくは「スペイン広報72号」の私のコラムで紹介しようと考えてるので、聞き逃した人はそちらを待っててネ。

この9日から始まった個展、25日までだそうなんでぜひぜひ時間を作って足を運びたい。
彼の出す色やそこにある光・リズム・動きが私は大好きで、これは本物(実物)を見てみなくっちゃ!と楽しみにしてるんだ。

許可をいただいたので、ここで2枚、追加で作品お見せしちゃいましょー。
d0038733_6224568.jpg
 
d0038733_647099.jpg
「写真」っていうより「絵」みたいでしょ?
そう、山澤氏のHPでもこのシリーズ以外の作品が見られるよ。

曲の方は、やっぱり今回日本で仕入れたアルバム、コーネリアスのたしか2001年の作品、「ポイント」から今の季節にピッタリの2曲をピックアップしてみた。
全体的に清涼感あふれた、軽くて洒落ててカワイイ作品に仕上がってるんだが、このアルバム自体1曲1曲繋がってることもあって、「1枚通して聞かなきゃ、アーティストの意図するところは分かんないだーろな・・・」って感じ。
しかしながら、30分じゃどうがんばってもアルバム1枚は紹介できんもんねぇ。
また機会をあらためて、せめて半分とか通しで聞けるような企画、考えてみまーっしゅ。

d0038733_6244029.jpg←これが最近のコーネリアス、らしい。
もう30も後半らしいけどね、ミョーな感じで若い。「子供」と「親父」が同居してるような雰囲気。ビミョーに踏み外すと「ちょいキモイぞ」ってなりそーな、危うーい線をふらふら~♪ っと漂ってるように思うのだが???
写真は彼のHPからお借りした。
あれこれ見てると、ぬあんと来るではないか!今月、ヨーロッパに。
スペインには来んのじゃけど、イギリス・ドイツ・ベルギーと今月18日~27日まで回るんだそうヨ。ちょっぴり残念やね。
[PR]
by zonajapon | 2007-05-12 11:40 | 公美の放送雑記/Nota


ソナ・ハポン(Zona Japon)は、マドリッドのFM局 "ラジオ・シルクロ100.4FM" にて放送のジャパンカルチャー紹介番組です!      (09年で一旦終了)www.radiocirculo.es
お知らせ
● Yukki Yaura さんとのコラボ、松嶋翻訳のオールカラーe-book “HAIKU Poemas ilustrados”発売中!!

d0038733_20444015.gif
お問い合わせは、info@suekichibook.com まで。

● 07年-08年シーズン放送のPepi Valderrama嬢による「日本-スペイン文化比較」、Yukki Yaura女史による「環境をめぐる日本と日本人の事情」はPod Casting専用ブログhttp://zonajapon.cocolog-nifty.com/blog/でお聴きいただけます!

d0038733_20592454.gif
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
お役立ちパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧